SW工法とは簡単にご説明しますと、住宅を魔法瓶のように建物全体を包み込み、色々な素材と設備で標記の健康で長生きできる家づくりが可能な工法で、下記の内容を解決します。

そして三栄ハウジングの35年間蓄積した技術で飽きない住宅をご提供致します。

ヒートショック

浴室内での溺死の原因は、暖かい居間から廊下、脱衣室、浴室と室温がどんどん下がって体が冷えた後に、浴室内で急激に体が温まることに伴う体調不良(ヒートショック)を起こしたためと言われます。住宅内の温度格差血圧が急激に上下したことが原因とされます。(交通事故死亡者年間4,000人より多い)

アレルギー

ほぼ無断熱の家から、そこそこ断熱された家に引越しした人を対象にした調査では、気管支炎のどの痛み手足の冷えアトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎などの症状について明らかな改善が見られたそうです。

アトピーが改善したのは、住まいが暖かくなることで身につける着衣量が減るためではないかと考えられています。体質は変わらなくても、化学繊維ウールゴムなど肌を刺激しやすい衣類の量が減ることで、皮膚への刺激が少なくなるためではないかと考えられています。

寝室の温度

寝室の温度」は大切といわれます。海外では、寝ているときに冷たい空気を吸うと呼吸器が冷えやすいため、感染症などの原因になると考えられています。

海外の研究では、12度以下の室温で寝ている子供の喘息の発症率が高いそうです。室温を1度上げるごとに咳の症状が改善し、10度を切ると危ないそうです。

暖かい寝室では入眠がスムーズで、熟睡時間が延びます。逆に寒い家では、夜間頻尿の回数が増えます。

断熱性UA値0.6は、真冬に暖房が無くても住宅内が10度を切ることは滅多にありません。
健康で長生きできる秘訣は「住宅の高断熱化」にもあります。